「城之内死す」までの前座がwww『遊戯王』の次回予告が笑える

スポンサーリンク

こんにちは、One=goです!

 

今回は、『遊戯王』の伝説のネタバレ次回予告回「城之内死す」についてご紹介していきます。「ネットのネタで聞いたことあるけど、実際なんなんだ?」って方向けにお話しします。

 

スポンサーリンク

『遊戯王』の伝説のネタバレ次回予告「城之内死す」

「城之内死す」とは?

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』第127話の終了後の次回予告にて、ヒロインの真崎杏子が盛大にネタバレをした事象。及び、当時のテレビの前の子どもたちが「来週は観なくていっかな」と思った現象。

これにより、第128話の視聴率が大幅に下がったのではないかという考察さえある。(実際はどうだったかは不明)

「城之内死す」実際の内容

以下に当時の次回予告を載せます。

やめて!ラーの翼神龍の特殊能力で、ギルフォート・ザ・ライトニングを焼き払われたら、闇のゲームでモンスターと繋がってる城之内の精神まで燃え尽きちゃう!

お願い、死なないで城之内!

あんたが今ここで倒れたら、麻衣さんや遊戯との約束はどうなっちゃうの?

ライフはまだ残ってる。ここを耐えれば、マリクに勝てるんだから!

次回「城之内死す」デュエルスタンバイ!

引用:『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』第128話次回予告より

「いや、思いっきりネタバレしてるじゃん!」

と当時テレビの前の数多くのデュエリストたちはそう思ったでしょう。

しかも、直前まで杏子が城之内を盛り上げているせいで、余計に城之内がかわいそうに思えてきます。(笑)

『遊戯王』の次回予告

『遊戯王』では毎回の次回予告をヒロインの真崎杏子がやってくれています。

今回の「城之内死す」は長年放送されている「遊戯王」の次回予告の中でもかなりの有名次回予告でたびたびネタにされます。

「城之内死す」の経緯

今回の次回予告は127話「逆転!稲妻の戦士」の次回予告です。

城之内は闇マリクとのデュエルの真っ最中でした。

闇マリクが持つ「遊戯王」の中でも古代エジプトに伝わる最強の神のカード、「ラーの翼神龍」の効果によって炎で焼かれるという場面でした。

闇のデュエルというのはプレイヤーが実際に攻撃を受けるデュエルで、城之内もダメージを食らっていました。

当時の視聴者は、「城之内大丈夫か?」「城之内ならできる」「あきらめるな城之内」「静香ちゃん、かわいくね⁉」という感情を抱きながら見ていました。(静香ちゃん=城之内の妹)

そんな気持ちでいた視聴者に対しての「城之内死す」。

多くの視聴者がネタバレされたという生き場のない感情に押しつぶされたであろう。

結局城之内は死んだのか?

結局のところ、城之内は死んだのか?

ラーの攻撃を食らい、城之内はその場で力尽きています。(が生きてはいる。)

ここで勘違いしてほしくないのは、闇デュエルの決着です。

城之内はラーの翼神龍の攻撃を耐えきり、闇マリクのターン終了後にラーは墓地に戻っています。その後は闇マリクのフィールドががら空きになります。(盾になるモンスターがいないので、次のターンに攻撃されたら負けという状態。)

そして城之内のターン、「鉄の騎士ギア・フリード」を召喚し、攻撃する直前で力尽きてしまいます。

結果としては、城之内がデュエル続行が不可能になり、闇マリクの勝利となったが、闇のゲームじゃなければ城之内が勝っていたと思われます。

今回のまとめ

今回は『遊戯王』の伝説的なネタバレ次回予告である「城之内死す」についてご紹介しました。これほどあっけらかんとした次回予告はありません(笑)。こういう天然なところも『遊戯王』のいいところですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました