『ポケモン都市伝説』ダークライ誕生の怖い話…ミオシティの少年が…

スポンサーリンク
こんにちは、One=goと申します。

『ポケモン』には、数多くの都市伝説があります。

今回は、幻のポケモン「ダークライ」についての都市伝説です。

実は、ダークライの誕生には少し怖い話があります。

スポンサーリンク

ダークライとは?

ダークライとは、「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」に登場する幻のポケモンです。

ダークライはその隠されたミステリアスなイメージや、ダークで雰囲気のある人気のポケモンです。

ダークライは暗黒ポケモンで、名前の由来は「ダーク(闇)+クライ(暗い)」というワードが入っています。

また、ドイツの伝説の魔女であるローレライの名前もかけられているのではないか?とも言われています。

ダークライの都市伝説とは?

幻のポケモンであるダークライにはある都市伝説があります。

それは、ダークライというポケモンを考えたのは、一般の子どもだったという説です。

基本的に一般人が考えたポケモンのキャラクターが公式のポケモンとして発表されるのはありえないのですが、ダークライに関しては違います。

実は、ダークライは「アメリカの子どもが考えたポケモン」なのです。

そして、その子どもはもうこの世にいません。

どういうことなのでしょうか?

実は、このダークライと言うポケモン。

アメリカでポケモンが大好きだった少年が亡くなる前に書いたイラストを採用したものなのです。

その少年が亡くなる前に書いた日記によると、夢の中にポケモンが出てきて、「闇に覆われていて歪んでいた世界にいた」と書かれていました。

さらに、このダークライを考えた少年は実際にゲームに登場しています。

都市伝説の少年がゲームに登場⁉

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』にダークライを考えた少年が登場しています。

その少年がいるのはミオシティという町…。

その少年に話しかけると「だー…… だーく……が こっちをみて……」とうなされているのです。

この夢の中でうなされている少年こそが、実際にダークライを考えたの少年なのです…。

ちなみにリメイク作品である「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール」でもこの少年は登場しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました