『彼女、お借りします』12話ネタバレ感想!和也が告白した相手は⁉

スポンサーリンク

こんにちは、One=goです!

 

今回は、2020年7月10日(金)深夜1:25よりMBS・TBS系全国28局ネット”スーパーアニメイズム枠”にて放送がスタートした『彼女、お借りします』についてネタバレを含め感想をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

『彼女、お借りします』12話ネタバレ感想!キミがいい!

『彼女、お借りします』主要登場人物

水原千鶴 -Chizuru Mizuhara-

cvは雨宮天さんが担当しています。

黒髪ロングにスタイル抜群な美少女で、後ろ髪をちょっとだけ縛っているのが特徴的なキャラクターです。

清楚で可憐な理想の彼女です。

七海麻美 -Mami Nanami-

cvは悠木碧さんが担当しています。

ゆるふわなショートカットの笑顔が気になる金髪美少女です。

可愛らしい外見や雰囲気ですが、実は彼女は…今後に期待です。

更科瑠夏 -Ruka Sarashina-

cvは東山奈央さんが担当しています。

6話から登場した、ショートカットにリボンが印象的な美少女です。

まだまだ多くの謎に包まれている彼女の目的はいったい⁉

桜沢墨 -Sumi Sakurasawa-

cvは高橋李依さんが担当しています。

人と会話できないほどの極度の人見知りですが、頑張り屋な性格です。

千鶴と同じで頑張り屋なタイプではありますが、彼女は何者⁉




『彼女、お借りします』12話あらすじ

千鶴を予約したのは麻美だった!千鶴がレンカノであるとバレていました。

麻美はカラオケ店に入り、千鶴に和也とのことを尋ねます。

一方、バイト中の和也は偶然2人が店内を歩いていくのを見かけ、様子を伺います。

そんな中、麻美は千鶴にさらに質問を投げかけます。

「レンタル彼女やってる間に、相手を好きになっちゃったりしないのかなって」。

 

『彼女、お借りします』12話ネタバレ感想

さあ、始まりました。かのかり12話最終回です。

これまでのかのかりから、こんな感じが読み取れます。

  • 木ノ下和也は水原千鶴が好き。
  • 水原千鶴は女優になりたい。
  • 七海麻実の目的は?
  • 更科瑠夏は和也が好き。
  • 桜沢墨は自分を変えたい。

11話は墨ちゃんがただただかわいい回でした。そして、最後にはついにあの二人がご対面…。今回はあの二人が中心に描かれています。

和也は瑠夏とデートを重ねていくうえで、瑠夏の魅力に気が付いていきます。

(周りの連中はいつも通り、瑠夏ちゃんのことをベタ褒め、和也はチンパンジーと言われ、釣り合わない二人と見えているようでした。)

和也は瑠夏を本当の彼女として受け入れようとし、バイトの途中で瑠夏に告白します。

 

…と思ったら、和也と瑠夏のバイト先であるカラオケに千鶴と麻美が現れます。

驚いた和也は、麻美に千鶴との関係がばれたのではないかと焦り、会話を盗み聞きします。

和也の考えていた通り、千鶴と和也がレンタル関係であることは麻美にばれていました。

麻美は千鶴が和也のレンカノであることに対し、レンタルで嘘の笑顔を和也にむけることを嫌がります。

千鶴と麻美。

元カノとレンカノという、カオスな関係の二人ですが、お互いに和也のことを思う気持ちがあります。

2人はカラオケでの会話を終えるとカラオケ店を後にします。

2人がどんな話をしているのか気になる和也は、バイトを早退し、二人の後を追いかけます。

陸橋の上まで来た千鶴と麻美。

麻美は千鶴に言いたいことは言い切ったと帰ろうとしますが、それを千鶴が止めます。

千鶴は和也が麻美のことを簡単に忘れられない相手だと言っていたことを伝えます。

 

「この人が私を一生幸せにしてくれる人かもって考えたことありますか?」

 

(やべぇ…泣ける…。)

 

千鶴は、麻美が和也の彼女に戻ってくれることを考えていました。

一連の千鶴と麻美の言動を聞いていた和也。

 

千鶴がアパートに戻ると部屋の前に和也が立っていました。

和也は、千鶴に盗み聞きしていたことを伝え、千鶴に対して深く感謝します。

しかし、千鶴は麻美を取り戻せなかったことを和也にあやまります。

和也は、今までの千鶴との思い出を振り返り、やっぱり千鶴が好きなんだと自覚します。

そして…

 

「キミがいい!」

 

和也は千鶴に告白します。

ED

 

 

 

 

 

 

(うん、いい話だった。)

と思ったらまさかの和也、レンタル彼女としてであると訂正します。

(おいおい…。)

和也は千鶴が自分のことが好きなわけないと思っていましたが、千鶴もこの表情。

2人の関係、今後が気になりますね。

 

そういえば墨ちゃん、11話しか出てないじゃん!(笑)

(10話で名前だけ出てたけど。)

と思ってたら、エピローグでちゃんと出ている~!

これで見納めかと思ったら、ちょっと寂しいですけどね。

「彼女、お借りします」面白かったです。ありがとうございました。

 

ちなみに視聴された方は最後まで観られました?

(今回のかのかりちょっと終わるの早くね?)

最後の最後でとっておきの情報が発表されました!

 

「彼女、お借りします」2期、放送決定!!!!!!!!!!

 

『彼女、お借りします』12話まとめ

今回は『彼女、お借りします』12話のネタバレ感想をしました。

かのかりは千鶴、麻美、瑠夏、墨、みんなかわいすぎて最高のアニメでした。

 

コメント、返信してくださった方々、本当にありがとうございました。

そして、これまでこのブログを読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

かのかり2期も、みなさまに楽しんでいただけるように精進いたしますので、どうぞよろしくお願いします。

それでは、ダイヤモンドで宝石のようなひと時を!

 

『彼女、お借りします』12話関連記事

『彼女、お借りします』Staff

原作 宮島礼吏/監督 古賀一臣/シリーズ構成 広田光毅/キャラクターデザイン 平山寛菜/色彩設計 石黒文子/美術監督 秋葉みのる/撮影監督 坂井慎太郎/編集 中葉由美子/音楽 ヒャダイン/音響担当 高桑一/アニメーション制作 トムス・エンタテインメント

コメント

  1. 匿名 より:

    駄洒落と曲解で“勝った方と立場をすり替える”惨めなゴキブリAI上級国民は盗作し損ねて退化した“自前”のオナホールを使うことで寝取ってやったとかよくはしゃいでるんだろうけど立場をすり替えてる自覚はあるのか終始“童貞”だって自虐してるだけだったな
    レンタル彼女の販促アニメにすらなれなかったんじゃないの

タイトルとURLをコピーしました