『彼女、お借りします』9話ネタバレ感想!更科瑠夏のヤバい行動力…

彼女、お借りします
photo by kanokari-official.com
スポンサーリンク

こんにちは、One=goです!

 

今回は、2020年7月10日(金)深夜1:25よりMBS・TBS系全国28局ネット”スーパーアニメイズム枠”にて放送がスタートした『彼女、お借りします』についてネタバレを含め感想をご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

『彼女、お借りします』9話ネタバレ感想!更科瑠夏ヤバい…

『彼女、お借りします』主要登場人物

水原千鶴 -Chizuru Mizuhara-

cvは雨宮天さんが担当しています。

黒髪ロングにスタイル抜群な美少女で、後ろ髪をちょっとだけ縛っているのが特徴的なキャラクターです。

清楚で可憐な理想の彼女です。

七海麻美 -Mami Nanami-

cvは悠木碧さんが担当しています。

ゆるふわなショートカットの笑顔が気になる金髪美少女です。

可愛らしい外見や雰囲気ですが、実は彼女は…今後に期待です。

更科瑠夏 -Ruka Sarashina-

cvは東山奈央さんが担当しています。

6話から登場した、ショートカットにリボンが印象的な美少女です。

まだまだ多くの謎に包まれている彼女の目的はいったい⁉

 

『彼女、お借りします』9話あらすじ

千鶴からのプレゼントに喜ぶ和也だったが、他のレンカノ利用者ももらっていると知り、激しく落ち込んでしまいます。

喫茶店で千鶴にそのことを尋ねるも、事務所の意向だと言われてしまって…。

一方、アパートでは瑠夏が和也の帰りを待っていました。

「今から私とデートしてもらいます!」。

和也は瑠夏の行きたいところへ付き合うことになります。

でも、連れて来られたのは、ホテルの一室で……!?

 

『彼女、お借りします』9話ネタバレ感想

さあ、始まりました。かのかり9話です。

もういつの間にか9話、早いですね。

これまでのかのかりから、こんな感じが読み取れます。

  • 更科瑠夏→木ノ下和也→水原千鶴(→好意)
  • 水原千鶴は?
  • 七海麻実は?

8話は水原千鶴に焦点が当てられていたので、更科瑠夏と木下和也の展開はありませんでしたが、今回の9話ではすごい展開になりました。

和也は新しくカラオケのバイトを始めていました。残金が20万しかない通帳の和也にとっては、お金が一番必要な場面です。

というのも、レンタル彼女・水原千鶴の料金は異常に高く(人気が高いから指名料も他の人より多分高い)、もともと通帳には100万円入っていたのですが、もうすでに20万しかないというまずい状況になっていました。

おばあちゃんのためにも、水原をレンタルし続けなければなりません。そのためにカラオケのバイトを始めたということですね。

そんな水原から8話のラストでスマホケースをもらった和也。自分が好きな相手ということもあり、これにはめちゃくちゃ喜びます。

しかし、ネットの情報では水原から(レンカノとして)、プレゼントをもらったという人を見かけ、自分だけ特別という気持ちが一転します。他のレンカノ利用者ももらっていると知った和也。これにはひどく落ち込みます。

喫茶店で千鶴にプレゼントのことを尋ねますが、千鶴に事務所の意向だと言われてしまいます。

千鶴は4話、5話で、自分を助けるために和也が海に飛び込んだことで、スマホの画面を割ってしまったという罪悪感から、水原が和也に買ったものと言っていました。

それでも、和也にとっては特別なもののようです。

 

千鶴とのレンタルデートが終わった和也を今度は、瑠夏が待ち受けていました。瑠夏の感情的には、早く和也と千鶴のレンタル関係を終わらせて、自分が和也の彼女になりたいという欲求があります。

(というか、嫉妬したるかさんほんとにかわいいな。)

千鶴と和也の関係を終わらせたい瑠夏は、その場で瑠夏を連れ出し、無理やりデートに連れ出します。和也も和也で、いつまでも千鶴との関係が終えられずにずるずるときている関係に、瑠夏を巻き込んでいることに多少は罪悪感を感じているようです。

しかし、デートにあまり熱が入らない和也。瑠夏の「あ~ん」にも塩対応です…。この時点で僕はちょっとイライラしていましたがね。

 

さあ、全国の瑠夏ファンを敵に回しかねない和也ですが、瑠夏が行きたいところがあると言い出した時には、後ろめたさからすなおに応じました。

瑠夏ちゃんは和也に目隠しをし、ホテルに連れていきます。

実はフォロワーさんから「来週はホテル回ですね。」ってDMがきて知っていたのですが、思った以上にドキドキしましたね。

るかちゃんが靴下を脱ぎだしたときは、深夜アニメだけど過激すぎね?って感情で見守ってました。

和也は瑠夏の行動に耐え切れなくなり、部屋から出ようとしますが、なぜかドアが開きません。

瑠夏の行動に対し、意外と紳士的な態度を見せる和也。

普段は妄想でいっぱいの和也でしたが、こういうところはちゃんとしてていいですね。

瑠夏の行動に耐え切れなくなった和也はトイレに逃げることに。

しかし、その間に瑠夏にスマホのメッセージを読まれてしまいます。

和也宛てのメッセージを見た瑠夏はホテルから先に帰ってしまいます。

そのメッセージはおばあちゃんからで、初詣の話でした。

 

そして、新年を迎え、和也と千鶴は木ノ下家と合流し、初詣へ。

おばあちゃんは千鶴に会えることが楽しみのようですね。千鶴もそれを知っているため、なるべくおばあちゃんを悲しませないように試行錯誤します。

そこに、さらにもう一人現れます。

それが瑠夏でした。

圧倒的行動力の高さっ!

(いや~、しゃれにならないくらいにやべぇな…。)

と内心ヒヤヒヤしながら見ていましたが、予想以上の爆弾を持ち込む、るかちゃん。

和也は瑠夏の存在を家族に隠していたため、瑠夏の登場に焦ります。いつものように、瑠夏は千鶴の友達だと苦しい嘘で逃れようとしますが、瑠夏は「彼女です。」を連呼します。この時の全員が唖然とする感じが非常さを表してますね(笑)。

もちろん、おばあちゃんは二股をかけた和也にブチギレます。がそれに対し、和也は「彼女には虚言壁がある」とこれまた苦しい嘘で乗り切ろうとします。さすがにこれは厳しいか?と思われましたが、千鶴姫にぞっこんのおばあちゃんはこの言葉を信じます。

和也から、自分は虚言壁があるという言われた瑠夏は、それを撤回するために、千鶴と和也の関係は嘘の関係であることを伝えに、おばあちゃんを連れ出し、全てをばらそうとします。が、おばあちゃんが好きなのは千鶴だと分かった瑠夏はばらすのをためらいます。(切なすぎる…。)そこで、瑠夏は時間をかけておばあちゃんに好かれることにします。

 

後日、和也が働き始めていたカラオケに、新人として瑠夏が入ってきます。

瑠夏のヤバすぎる行動力が止まらない…。

 

そして、水原は和也のことが好きなのか?

 

 

『彼女、お借りします』9話まとめ

今回は『彼女、お借りします』9話のネタバレ感想をしました。

9話はるかちゃんのかわいさが光りましたね。おばあちゃんにばらさなかったシーンは、切なすぎて、切なすぎて(´;ω;`)。

しかし、ラストで和也のカラオケ店に新人として入ってくる、るかちゃんの行動力の高さには驚かされます…。

 

『彼女、お借りします』関連記事

『彼女、お借りします』Staff

原作 宮島礼吏/監督 古賀一臣/シリーズ構成 広田光毅/キャラクターデザイン 平山寛菜/色彩設計 石黒文子/美術監督 秋葉みのる/撮影監督 坂井慎太郎/編集 中葉由美子/音楽 ヒャダイン/音響担当 高桑一/アニメーション制作 トムス・エンタテインメント

コメント

タイトルとURLをコピーしました